30代女性が本当に欲しい婚約指輪5選!

人生経験を積んだ30代女性が求める婚約指輪

女性も30代となると、キャリアの経歴も充実し人生経験が豊富になっていきます。つまり、人生の経験値が積み重なるという事は女性の物に対する価値観も変わるという事です。したがって、30代女性に婚約指輪を贈る際には相場よりも値段が高い指輪を準備する必要があります。例えば、平均よりもカラット数が多い宝石が装飾された指輪や名前の知れ渡っているブランド品の指輪であれば、30代女性が納得し満足できる婚約指輪となります。
就労年数を重ねている女性は自分へのご褒美としてアクセサリーを購入する事も多いので、宝石に関する知識も高いです。また、結婚に関する願望や憧れそして理想が年齢を重ねる毎に大きくなるので、求める婚約指輪のグレードも高くなっていきます。

グレードの高い指輪でも派手な指輪は求めていない

ブランドやカラット数に拘りを見せる30代女性ですが、婚約指輪のグレードが高く設定されているからといって、華美なデザインの指輪は求めていません。女性側も30代となると自分の指に似合う指輪のデザインや、日常生活でも使用できるシンプルなデザインの婚約指輪を求める傾向があります。したがって、指輪の値段やブランドレベルは高く設定されていても、デザインは指に馴染むデザインの指輪を用意する必要があります。
30代女性の場合、20代の女性とは異なる点は生活スタイルや好みが確立されているという点です。よって、仕事とプライベートの両方の場面で身に付ける事が出来る点を重視します。したがって、付け心地が良く洗練されたデザインの婚約指輪を好みます。

結婚する際に夫婦でつけるペアリングで、同じデザインのものや、女性のリングに少し華やかさを加えたものなど様々です。結婚指輪は日常的につける指輪とされています。