世界に一つだけ!婚約指輪を手作りしてみませんか?

世界に一つのデザインを決めよう。

一番大切な人に贈る一生に一度の婚約指輪をどのようなデザインのものにするかを決めるところから始まります。デザインを決める上で、指輪は手に付けるものであり、動作をする上で邪魔にならないものである必要があります。あまりに突起物があったりひっかかりやすいデザインであったりすると、衣服にひっかけたりストッキングが破けてしまう原因となるからです。次に長くつけられるデザインにすることも女性に気に入ってもらえる指輪を作ることに繋がるのです。愛らしさと上品さを兼ね備えたデザイン作りをこころがけましょう。さらにどの地金を使用するかという選択をしなければなりません。pt,wg,pg,k18と様々な色と種類のものがあります。
贈る人の好みやデザインに合ったものを選択することで、世界に一つだけの指輪が完成するのです。

光輝くダイヤモンドを決めよう

婚約指輪に使われる石として一番多いのがダイヤモンドでしょう。一言にダイヤモンドといっても多くの種類があり、どれを選択するかで価格も印象も変わってきます。カットにはラウンドやペア、マーキーズ、オーバル、ハートなどがあり、指輪の印象を大きくかえます。カラットは重さのことで、0.3ct前後が主流といえます。カラーは透明度の高いもの程高価になります。黄色みの強いダイヤモンドほど等級が低いとされますが、ほんのわずかな違いで等級は示されているため、じっくりと選ぶことが重要です。クラリティの等級はインクルージョンの有無や大きさなどから示されるものであり、インクルージョンの少ないもの程見た目は良くなります。
どのダイヤモンドを選択するかによって、指輪の印象やデザインに大きく影響を与えるのです。

婚約指輪を横浜で探す際には、予算をはじめとした希望条件を明確にしておくことで、よりスムーズに指輪選びができます。